ムダ毛が多くてはずかしい

vio脱毛が恥ずかしいのは大半の女性が感じていることだと思いますが、それ以外の場所のムダ毛も恥ずかしいと感じてしまいます。
まして脱毛サロンに行くとなると、ムダ毛をある程度伸ばしたまま過ごさないといけません。
人気店となると予約も取りづらいのでその場合はさらにムダ毛を伸ばしたまま過ごす期間が増えてしまいます。

その点、ケノンで脱毛すると 予約の心配をすることなく、自分が脱毛したい時に脱毛をすることができ、さらに他人に自分のムダ毛を見せる必要がありません。

私が脱毛エステに行かないわけはまずは恥ずかしいからです。
ムダ毛が多すぎてきれいにしてもらうのにそうとう時間がかかるだろうし 見られるのもとてもはずかしいのです。

特にワキ毛とスネ毛が生えているのを見られるのは赤面してしまうぐらいです。
同じ女性がやってくれるといってもやはり恥ずかしいものです。

脇の下とVゾーンも色素沈着があるみたいできれいな肌色ではないのです。
それならと自分で脱毛器でやってしまったほうが普通に身だしなみ程度には なんとかなります。
ノースリーブは着られませんが、ふつうの半そでならなんとか。

春夏ってすごくムダ毛がはえる時期なんですよね。
ジョリジョリ脱毛器の出番も多くなってきます。

チラシやネットで見てみると行ってみようかなと一瞬思うのですが、 ちょっと待てと自分にブレーキをかけてしまいます。
行って施術をしてもらうっていうことは体を見られるっていうことだと。
とてもその勇気は今の私にはでません。



見せたくない裸

ムダ毛も見せたくないのですが、 体つきも気になります。

相手はプロだからいろんな体を見ているからきにならないでしょうが、 たれた胸、リンゴ型のおなか、太ももがふとい、ふくらはぎが筋肉質、足の指が変ちょっとあげただけでもこれだけあるのです。
それを人様に見せるなんてとてもできません。
行ってしまえばなんとかなるものかもしれませんが、やはりその勇気はありません。

ムダ毛はうちで時間がかかっても脱毛器でそるほうが気が楽です。
別に誰も見ているわけでもないので下着いちまいで格闘できますし、 脱毛器ならきちんと剃ってくれます。
もう40代で結婚もしているのでいまさらそこまで気をつかって 見せる相手もいないわけです。

それに痛いのはいやです。
自分で痛いのは我慢できますが、人にやってもらってお金をはらって痛いのはやはり我慢ができません。